2016年12月21日水曜日

A fulcrum vol.26 出演者紹介(6)



[KEESHKAS soundservice]
80's NEW WAVEへの憧れと先鋭的なマシン・ミュージックの要素を融合させる、新潟在住の4人組。
マシン・ビートの冷たいグルーヴとメランコリックなメロディが有機的に結合する、独自性の強いサウンドを展開している。
新潟及び東京都内での演奏活動を重ねる一方で、8otto/group_inou/凛として時雨/Lillies and Remainsらをゲストに招いたライヴイベント=A fulcrumを主催。
毎回盛況を誇る。

▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲

自分のバンドを自分でどう捉えているかというと...
「ニューウェーヴや90年代のUKロックといったメンバーのルーツに、次々と世界に現れる新しい音楽の要素を取り込みつつ、ライブハウス・シーンのメインストリームに挑む試み。」
ってところでしょうか。

このメインストリームってところが重要で、何かの変革を願うなら、外側にいたのでは始まらないと思うのです。
どんなに端っこ、崖っぷちでもいいから、あくまで内側で主張を継続させることが必要だと、大して売れないまま15年も経ってしまいました笑。
タワレコ各店で力強くプッシュしていただいたり、主催イベントがソールドアウトしたりと、「お??」なんて思う時期もありましたが、そうそう簡単にはいきませんね笑。

すっかり年を取って、以前のようにアクティヴな活動も難しいですが、それでも自分達の音楽を止むことなく追求したいものです。
久々の新しい音源"Faded"のリリースパーティー。
新潟の街で培ってきた、誰よりも冷たいビートとグルーヴを誇りをもって鳴らします。
15年分の感謝を込めて。

A fulcrum vol.26 出演者紹介(5)



[文学少女]
文学少女と書いて文学少女と読みます。
こんばんは文学少女です。

▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲

文学少女を初めて観たのは1年前くらいでしょうか。
メロディアスで爽やかな、あるいはラウドで重厚なサウンドのバンドが多い新潟の若きライブハウスシーンにおいて、久々に陰鬱で尖ったバンドに出会った(笑!と小躍りしたことを覚えています。

訥々とつぶやくようなメロディとアルペジオに表れる、儚く美しい「静」の部分と、攻撃的なギターリフや変拍子を織り交ぜた性急なリズムに表れる、破滅的な「動」の部分。
「狂気」と書くとえらく陳腐に聞こえてしまいますが、正気を保っているのかどうか、瀬戸際の緊張感みたいなものが、聴く側をゾクゾクさせてくれます。

最近の楽曲は、リスナーとしてのアンテナの広さが分かりやすくサウンドの血肉となって、「静」の部分の深みや美しさがみるみる増している印象。
新潟の新たな希望として、心から期待しています。

2016年12月20日火曜日

A fulcrum vol.26 出演者紹介(4)



[しょしょ]
2ピースロックバンド。
ドラム、ギター、声のみで奏でられるサウンドは、狂暴であり繊細。
2016年10月、ミニアルバム【空想】をリリース。県内外で勢力的にライブを行なっている。
gt,vo : Daisuke Honma
dr : Tsukasa Iida

▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲

新潟を飛び越え、東京・千葉・長野など各地に熱狂的な支持者が存在する”しょしょ”。
イビツなドラムループとヘビーなギターリフ、その隙間を自在に彩るボーカル…そんな”しょしょ”のサウンドは、オルタナティブもハードコアも、プログレもダブステップも飲み込んだ極めてオリジナルな音楽。

本間大祐と飯田司、2人の人生そのもの、剥き出しの生命をぶつけられているようなステージは、血液が沸騰するような強烈なエネルギーを発して観る者を圧倒します。
まっすぐで、純粋で、控え目に言ってかなり頭の悪い2人そのものを表したライブだからこそ、自分を含め多くの人に深く愛されているのではないかと。


A fulcrum vol.26 出演者紹介(3)


[tkcsc(the kitty cat swinger's club)]
2008年結成、新潟市内を中心に活動を開始。2011年頃より活動の拠点を東京に移し、3度のメンバー変更を経て現在も活動中。
1st ep "le_m/voi.d",2nd ep "eyes-"をディスクユニオン等でリリース(完売の為現在はネット配信)、2013年3rd ep "late show.ep"を全国流通盤としてリリース。

▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲

“シューゲイザーは「轟音ギター」が鳴ればいいと勘違いしている人が多くいるが、そうじゃない。シューゲイザーはとにかく甘くなければならないのだ”

…というのは、とある先輩ミュージシャンの言葉ですが、誤解を恐れずに言えば、彼らこそシューゲイザーとして高く評価されるべき日本のバンドです。

どこまでも甘美で、幻想的で、退廃的で、そして哀しい音楽は、自分のような中年男性の心の奥底に眠る、センチメンタルな部分すら刺激する刹那さをもって鳴らされます。

おまけに90年代のUSインディ周辺からも強く影響を受けてるものだから、”甘美”だけでは説明足らず。
内側に抱えた毒、鬱屈した感情を爆発させるようなステージの熱量は圧巻の一言です。


2016年12月19日月曜日

A fulcrum vol.26 出演者紹介(2)



[the sunny]
2008年結成。
2014年活動休止から約2年ぶりのライブとなる。 
サウンドはファズ。これに尽きる。


▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲


「サウンドはファズ。これに尽きる。」
確かに、と書いてしまうと紹介が終わってしまうので、もう少しだけ。

些細な人生の悩み云々、その他一切を一瞬で吹き飛ばしてくれるような、馬鹿馬鹿しいくらいのエネルギーをステージ上から発する3ピース。

飄々とバンド/音楽を楽しんでいるように見える彼らですが、10年以上同じメンバーでステージに立ち続けてきた経験は伊達じゃなく、(大して練習していないわりに不可解なくらいに)タイトなドラム/ベースのグルーヴにドカンとファズが鳴った瞬間、もう笑ってしまうくらいの熱狂をフロアに撒き散らします。

メンバーの事情によりドラマーが変更、OLDboyzへと名前を変えて活動を続けていますが、今回はオリジナルメンバーのthe sunnyにて2年ぶりのライブ。

僕はいつもの通り、当日は最前列・ベースの前で楽しむ気満々です。